ホーム > コラム > 子連れで行く!ヒガシ東京─ささやカフェ@墨田

2014.01.13 (Mon)

子連れで行く!ヒガシ東京─ささやカフェ@墨田

乳児・幼児を連れて行きやすい場所を探して、実際に0歳の乳児と共にヒガシ東京を巡ってレポートする企画。

今回は、墨田区にあるヴィーガンカフェ「ささやカフェ」に行ってきました。

公園のちょうど真ん中にあるカフェ

とうきょうスカイツリー駅と錦糸町駅のあいだに、南北に縦長く位置する公園、大横川親水公園。その名前にあるように、「大横川」という川を埋め立てて出来た公園。埋めたとは言え、釣り堀があったり、浅い小川に小さな吊り橋がかかっていたり、池や噴水があったりと、水辺がうまく残されているとても気持ちのよい公園です。

せせらぎのそばには子供の遊具もあります。
せせらぎのそばには子供の遊具もあります。

この公園をてくてく散歩しながら進むと、どちらの駅からも10数分程のちょうど公園の半分のところに、空を望む三角屋根がふたつ連なった建物がふと現れます。こちらが「ささやカフェ」、そして「すみだパークギャラリーSASAYA」です。

三角屋根の外観。
三角屋根の外観。

背の高い白い壁に一部、木の格子のファサードが施され、入り口はウッドデッキになっていて、自然と公園に溶け込んだ建物。入り口までは階段と共にゆるやかなスロープが設置されていて、車椅子やベビーカーでも困りません。わんちゃんが待つためのスペースもあり、犬の散歩に来た人が一休みすることも考慮されているようです。

入り口のスロープもウッドデッキ。
入り口のスロープもウッドデッキ。

公園側は全面がガラスの折れ戸になっているため、太陽の光がさんさんと入り込みます。中に入ると、まず目を引くのはその天井の高さ。そして広い店内。テーブルの間はゆったりとした導線があり、明るく抜け感のあるとても居心地の良い雰囲気です。

image(2)

お腹も満足のヴィーガンメニュー

ささやカフェではヴィーガンメニューが提供されていて、出来る限りオーガニック素材が使われており、動物性素材、化学調味料、精製された調味料は使われていないそう。日本ではまだまだ数が多いとは言えないヴィーガンカフェ。お肉がないと物足りない、と思われがちですが、そんな先入観をくつがえしてくれる美味しくてボリュームのあるメニューが並びます。

image_12
写真:サラダランチプレート 1050円

ランチは、日替りのスペシャルプレートをはじめ、カレーやサンドイッチなどが選べます。なかでもオススメなのが「テンペカツ」を使った「テンペカツライス」と「テンペカツカレー」。「テンペ」とは大豆をテンペ菌という菌で発酵させた発酵食品。日本の納豆とは違い、強いクセや粘りはなく、豆腐よりもっと固い塊状になったものです。ささやカフェのテンペは形が残った大豆がゴロッと入っていて、それがカリッとしてジューシーな衣で包まれているので食感も食べ応えがあって、お肉にも引けをとりません。男性が食べても満足感は充分!

image_9
写真:テンペカツカレー 1200円

ランチプレート以外にも、スコーンやマフィンなど、スイーツも充実しています。もちろん全て、動物性の素材は使われていません。

子ども連れへの配慮がたくさん

普通にカフェとしての魅力が高いこのささやカフェですが、小さな子供を連れているお母さんにとって、さらに嬉しい気配りがたくさんありました。

前述した入り口のスロープや広くゆったりした店内、そして完全バリアフリーの広いトイレです。都内のカフェでこんなにトイレにスペースをさいているところは珍しいのではないかと思います。もちろん、オムツ替えの台も設置されています。通常、トイレとはお店の端に見えないように配置されていますが、こちらは広いお店の真ん中にあり、車椅子もアクセスしやすいようにオープンなつくりになっています。だからといって嫌な感じは全くなく、清潔で使いやすい。

image_2

その上、カフェでは珍しいのは、なんと授乳スペースが設けてあるのです。洗面室の一部がカーテンで仕切られるようになっていて、ベンチソファで授乳することができます。カーテンは濃紺の厚手のもので、透けたりめくれたりする心配もありませんでした。

子供の食事については、離乳食の持ち込みはできないのですが、赤ちゃん・子供用のメニューがありました。6ヶ月の赤ちゃんから食べられるペースト状の離乳食(瓶入り)と、ポタージュスープとロールパンのプレートです。子供用のハイチェアも2脚あり、こちらを借りる事ができます。

image_10

また、ドリンクメニューにはノンカフェインの穀物コーヒーがあるので、妊娠中・授乳中のお母さんも美味しくコーヒーが頂けます。

image_6
写真:Org穀物カフェラテ 450円

オリジナルクッキーやTシャツ、食材の販売も

店内に入ってすぐの場所には物販のコーナーがあり、ささやカフェオリジナルのクッキーや、大豆ミートのヴィーガンメニュー用の食品なども一部取り扱いがあります。

image_2

メニューにある穀物コーヒーもこちらで購入することができました。

また、ささやカフェをプロデュースしたカフェエイトのヴィーガンメニューのレシピブックも販売されていたので、ささやカフェでヴィーガン料理に目覚めたら自分でつくってみるというのも良いですね。

料理はもちろん、スペースの隅々まで、人の身体と心に優しいカフェ。自分の健康、子供の健康、食事から見直すきっかけにもなりそうです。

公園の脇にある立地といい、子供連れの日常使いのカフェとして最適です。駅から少し歩く場所ですが、天気のいい日はゆっくり公園を散歩したり子供と遊んだりしていると距離はまったく気になりません。散歩して身体を動かし、ランチや休憩にこのカフェを訪れてみてはいかがでしょうか?きっとお子様も大満足の一日になりますよ。

この記事を書いた人/提供メディア

週間ランキング

Sorry. No data so far.

  • mag_wanted
  • 151220_sooo_banner
  • 151220_reboot_banner