ホーム > コラム > 森下の夏の風物詩!みんな大好き、かき氷@江東区森下<夏を涼しくする逸品 Vol.4>

2014.08.27 (Wed)

森下の夏の風物詩!みんな大好き、かき氷@江東区森下<夏を涼しくする逸品 Vol.4>

江東区森下の路地裏には、毎夏、たくさんの子どもたちが列をなすお店があります。はしゃぐ子どもたちの頭越しにお店の中をのぞいてみると、シャリシャリと氷をけずる涼しげな音が聞こえてきました。

8月中、週替わりでご紹介してきた「夏を涼しくする逸品」。Vol.4では、江東区森下にある氷店、「岸氷室(きしひょうしつ)」のかき氷をご紹介します!

子どもも大人も夢中になるフワフワのかき氷!

「岸氷室(きしひょうしつ)」は、江東区森下駅から徒歩1分の場所にある氷店です。戦後間もない頃に開業して以来、70年近くの間、森下に住む人々に親しまれてきました。

毎年5月にかき氷の販売が始まると、この店の軒先はにわかに騒がしくなります。近所の子どもたちはもちろんのこと、フワフワのかき氷を求めて、遠方から訪れるファンもいるそうです。

【岸氷室の氷かき機。側面には「シロップの種類」や「ミックス注文の方への注意書き」が貼られています】

【岸氷室の氷かき機。側面には「シロップの種類」や「ミックス注文の方への注意書き」が貼られています】

「岸氷室」でかき氷を販売し始めたのは、今から17年前のこと。きっかけは、「氷を買う人が少なくなったから」と、店主の岸良雄さんは言います。質のいいおいしい氷を食べてもらう方法を考えた結果、岸さんはかき氷の販売を思いつきました。

かき氷は1杯100円。「子どもが自分のお小遣いで買えるように」という想いから、17年間価格を変えていないそうです。銀色に光る100円玉を握りしめてそわそわと順番を待つ子どもたちの顔を思い浮かべるだけで、なんだか微笑ましい気持ちになりますね。

【子どもがシロップで赤や青に染まった舌を見るため、店先の低い位置には鏡がかけられています】

【子どもがシロップで赤や青に染まった舌を見るため、店先の低い位置には鏡がかけられています】

「岸氷室」のかき氷には、茨城県守谷市から仕入れた氷が使われています。岸さんいわく、「守谷市は水質がよく、長い時間をかけて水が氷になるので、なめらかで口当たりのいい氷ができあがる」そう。かき氷を作るにはやわらかい氷の方が適しているため、けずる1時間ほど前に冷凍庫から氷を出しておきます。これをけずれば、口の中でスーッと溶けるかき氷の完成です!

【店主の岸さんがレバーを倒すと氷が勢いよくけずられます】

【店主の岸さんがレバーを倒すと氷が勢いよくけずられます】

【カップからあふれ出すフワフワの氷】

【カップからあふれ出すフワフワの氷】

【氷の形を整えたら、かき氷が完成!】

【氷の形を整えたら、かき氷が完成!】

今日はどの味?定番から変わり種まで選べる17種類のシロップ

かき氷を食べる最大の楽しみ。それは、氷にかけるシロップを選ぶこと!「岸氷室」には、シロップがなんと17種類もあります。ホワイトボードに書かれたメニューを見ると、定番のイチゴやメロンのほか、バナナやスイカなど珍しいシロップも。どの味を選ぶか、迷ってしまいますね。

【たくさんあって迷ってしまうシロップ。過去には「キャラメル味」などもあったそう】

【たくさんあって迷ってしまうシロップ。過去には「キャラメル味」などもあったそう】

かくいう私も、メニューを前にしてずいぶん迷いました。「うーん……」とうなりながらメニューをじっと見つめていたところ、「アンズ味がおすすめですよ」と岸さんからアドバイスが。この店では2つのシロップをかける「ミックス」を注文することができるので、アンズ味とレモン味のミックスに決めました。

【まず片側にアンズのシロップがかけられます】

【まず片側にアンズのシロップがかけられます】

【反対側にはレモン味のシロップ。夏色のかき氷は、見ているだけでウキウキしますね!】

【反対側にはレモン味のシロップ。夏色のかき氷は、見ているだけでウキウキしますね!】

涼しげな青いカップに高く盛られたフワフワの氷。その上からシロップがたらり、とかけられて、氷を鮮やかなオレンジと黄色に染めていきます。スプーンですくって口に入れると、のどの奥でスーッと溶けていく氷の心地いい味わい。真夏の盛り、甘酸っぱいアンズ味とレモン味のかき氷が、乾いたのどを爽やかに潤してくれました。

「岸氷室」でのかき氷の販売期間は、毎年5月1日から9月30日まで。森下の夏の風物詩を、この夏の間にぜひ味わってみてくださいね!

【できたてのかき氷は、店先のイスに座ってめしあがれ!】

【できたてのかき氷は、店先のイスに座ってめしあがれ!】

8月のおすすめ【夏を涼しくする逸品】記事アーカイブ

Vol.1:背筋がゾクッ!お寺で幽霊画ばかりの展示会。さらには怪談の落語まで!
Vol.2:暮らしに寄り添う納涼の逸品「江戸すだれ 田中製簾所」@台東区千束
Vol.3:こだわりの街、こだわりのクラフトビール

詳細情報

名称岸氷室(きしひょうしつ)
住所東京都江東区森下1-13-5
URL

その他

この記事を書いた人/提供メディア

Yui Sato

東東京のニュースタイルカルチャー研究員。下町の伝統と今風の文化をミックスした作品・商品や、それらを作り出す人々に強く惹かれます。
初めての1人暮らしの地・森下に住み始めて4年。東東京は、深く関わるほど味わい深く、愛着を感じるエリアだと実感する日々を送っています。ふだん書いているのは、ミニシアター系映画の紹介など。夢は、ミニシアターのない東東京で、定期的に映画の上映会を開催すること!

週間ランキング

  • mag_wanted
  • 151220_sooo_banner
  • 151220_reboot_banner