ホーム > 不動産 > 【募集終了】印刷の歴史と未来を伝えるシェアオフィス!/co-lab墨田亀沢

2016.01.29 (Fri)

【募集終了】印刷の歴史と未来を伝えるシェアオフィス!/co-lab墨田亀沢

老舗印刷会社とco-labがタッグを組んだシェアスペース

古民家を改築したカフェや雑貨ショップが並び、来年にはすみだ北斎美術館もオープンする北斎通りから1本入ると、マンションに挟まれて、点々と町工場の残るエリアが現れます。その一角、5階建てのビルのワンフロアに、今回の物件があります。

ビルの入り口を入ると、廊下にそこはかとなく漂うインクのにおい。しかし3階に上るとその雰囲気は一変。「co-lab墨田亀沢」と書かれた扉を開ければ、白色と木づくりを基調とした空間が目の前に広がります。

ここは創業から半世紀近く、墨田区に拠点を構え続ける老舗印刷会社のサンコーが、新事業として手掛けたシェアオフィスです。シェアオフィス運営の先駆けである「co-lab」を主宰する春蒔プロジェクトとのアライアンスにより、自社工場のあるビルの3階約60坪を丸々リノベーション。今年3月にオープンしました。

co-lab墨田亀沢:アトリエ

2室ある「アトリエ」は、4人程度のチームや企業での利用を想定して、作り付けの棚や個室空調を完備。表通りに面した広い窓から、自然光がたっぷり注ぐ明るい空間です

co-lab墨田亀沢:デスクエリア

個人利用を前提としたブースが並ぶ「デスクエリア」。幅1,379〜3,115mmのデスク13台が並びます。天板と仕切りに天然木を使用し、リラックスして仕事が進められる雰囲気です

対象とする利用者像はフリーランスのデザイナーや建築家、アーティストなどのクリエイターに、企画職、起業家、研究者といったクリエイティブワーカー。感性豊かな人々にとって居心地の好い空間をつくるため、内装は洗練されたシンプルモダンを基調に、視覚的な遊び心も盛り込んだ機能的なデザインに仕上がっています。

3代目が切り開くクリエイターとの関係

ほかのシェアオフィスを何十軒も見に行くなど苦心を重ね、ようやく完成したと語るのは、co-lab墨田亀沢のチーフ・コミュニティ・ファシリテーターの有薗悦克(ありぞの・よしかつ)さん。サンコーの3代目でもある有薗さんは大手のチェーン企業等を経て、家業を担う決心をしました。

co-lab墨田亀沢:有薗さん

活字が整然と並ぶ棚を前に、印刷の新たな可能性について語る有薗さん

印刷業はメディアの多様化やデジタル化、価格破壊などの影響を受けて市場規模が縮小し、地場産業である墨田区でも印刷会社はこの10年で4割が廃業。こうした厳しい状況の下、工場の上階の空きスペースをうまく活かす方法はないか、印刷全般に熟知した自社の強みを将来性のある形で発展させられないものだろうか――。有薗さんは地域の後継者を育成する「フロンティアすみだ塾」に参加し、同じような立場の仲間と情報交換したり、地域で活躍するフリーランスのクリエイターである「すみだクリエイターズクラブ」のメンバーの意見を聞いたりしながら、スペースの活用法を模索したそうです。

co-lab墨田亀沢

約60坪の広々としたフロアのおよそ3分の2を占める共有エリア。20人が座れるコ・ワーキングエリアや、作業に適したワークショップスペース、ラウンジ、ミーティングスペースなどを配置

そして、「印刷技術とクリエイターとのコラボレーションによって、紙メディアの新たな可能性を創出しよう」というコンセプトを見いだしました。クリエイターは紙やインク、印刷、製本、加工などに精通した印刷会社のノウハウと設備を役立てれば、創造のフィールドがさらに広がり、仕事の完成度も高まります。印刷会社は発想の豊かなクリエイターと身近でやり取りすることで工程のタイムラグを減らし、クライアントの高度なニーズにも対応できるようになると読んだのです。

印刷業のネットワークを活用して未知のモノづくり!

契約形式は固定席(レジデンスタイプ)とフリーアドレス(ノンレジデンスタイプ)の2タイプを用意。インターネットや光電話、複合機、ロッカーなども使用できます(有料・無料の別あり。光電話はレジデンスのみ)。また、カードキーで24時間の出入りが自由というのも、時間に縛られたくない人にはうれしいポイント。さらに、営業時間内はデザイン・印刷業界で40年以上の経験を持つ越村さんが「印刷コンシェルジュ」として常駐。穏やかで誠実に応対してくれるベテランに、いつでも相談OKという安心感も付いてきます。

co-lab墨田亀沢

受付には、40年以上の経験を持つ越村さん(写真左)が「印刷コンシェルジュ」として常駐。どんな質問にも答えてくれる生き字引きです

現在のメンバーはグラフィックデザイナー、プランナー、システムエンジニア、イベントプロデューサーなど。快活で話し上手な有薗さんが声を掛けて、オープンランチや仕事の発表会などで交流を図っているとか。ウェブサイトやメーリングリストで、現在6ヶ所あるco-labのメンバー350名とのネットワークを活用できたり、他拠点の施設も優遇利用できます。

印刷を始めとするものづくりを通じて、次世代の墨田のまちづくりに一役担いたいという思いもあり、自分の専門職を持ちながらそうした活動を行なっている方にとってもクリエイティブなアイデアやネットワーク、そしてビジネスが生まれる活動拠点になることでしょう。

多様なジャンルのものづくりのプロが印刷の歴史と未来を伝える空間に集まり、垣根なく交流することで“ワクワクする化学反応”が起こる。そういう場を提供しながら、メンバーと一緒に可能性をどんどん広げていきたい。また、ワークショップやイベントを通じて地域の活性化にも結び付く拠点として発展させたい――。

大きな夢を描く有薗さんは、共に実現を目指すメンバーを心待ちにしています!

この物件へのお問い合わせ

は入力必須項目です。

お名前

メールアドレス(PCからのメールを受け取れるアドレス)

TEL(日中ご連絡可能な番号)

現住所(町名までで結構です 例:東京都台東区入谷)

物件の希望用途をお選びください
住居兼●●事務所・アトリエ店舗住居シェアイベントその他

利用時期の目安をお知らせください
(例:2016年4月、特に決まっていない、できるだけ早く など)

その他、特にこだわっていることや詳細な条件などございましたらご記入ください

*個別に物件を探したい方は、こちらのフォームにご記入ください。

この記事を書いた人/提供メディア

MaGaRi 編集部

街のユニークなスキマ空間を“MaGaRi”(間借り)できるサービスです。 空いているのに上手く使われていない。その状態を非常に「もったいない」と思います。活動したいのに、場所を持てない。その機会損失を非常に「もったいない」と私たちは考えます。MaGaRiはその2つの「もったいない」を引き合わせることで、想いのある人たちの活動を具現化するとともに、今まで空いていた場所や時間に新しいムーヴメントを起こすことを目指しています。MaGaRiのサイト

詳細情報

名称co-lab墨田亀沢
住所東京都墨田区亀沢4-21-3
最寄駅JR総武線・地下鉄半蔵門線「錦糸町駅」北口徒歩9分 JR総武線「両国駅」徒歩20分/JR総武線「両国駅」徒歩 都営浅草線「本所吾妻橋駅」徒歩16分
賃料・利用料3階 co-labフロア(7/29時点での募集状況)
*Atelier1 成約御礼(2016/3/9)
3階:間取り

table

注:Deskについては、13席合わせた広さが37.7m²となります(デスクの幅は1,379〜3,115mm)
共益費水光熱費、共用部清掃代、郵便宅配受取代(フレックスType-Aのみ受取不可)含む
礼金
敷金
設備※ITインフラ基本使用料、プリント代、通信費等別
活版印刷機、カッティングプロッター、大判インクジェットプリンター、複合機ほか
概要
その他▼初期費用(正会員/レジデンスタイプ/アトリエ会員・デスク会員)
・入会金:月会費1ヶ月分 ※入会手続き費用等として/返金不可
・権利金:月会費1ヶ月分 ※施設利用費等として/返金不可
・会費 :月会費2ヶ月分 ※前納分会費として
・登記初期費:10,000円(税抜) ※デスク会員のうち利用希望者のみ
・登記月額費:5,000円(税抜) × 2ヶ月分 ※前納分/デスク会員のうち利用希望者のみ
・ロッカー利用料 :2ヶ月分 ※前納分として/利用希望者のみ
・ITカード発行料 :2,000円(税抜)
→ 合計4ヶ月分の会費+(登記関係費20,000円)+(ロッカー利用料6,000円)+ITカードキー発行料2,000円
ただし、最初の3ヶ月の契約期間の途中退会は不可

▼初期費用(正会員/ノンレジデンスタイプ/フレックス会員)
・入会金:20,000円(税抜) ※入会手続き費用として/返金不可
・会費 :月会費2ヶ月 ※前納分として
・ロッカー利用料 :2ヶ月分 ※前納分として/利用希望者のみ
・ITカード発行料 :2,000円(税抜)
→ 合計 入会金 20,000円(税抜)+2ヶ月分の会費+(ロッカー利用料6,000円)+ITカードキー発行料2,000円
ただし、最初の3ヶ月の契約期間の途中退会は不可
  • mag_wanted
  • 151220_sooo_banner
  • 151220_reboot_banner