ホーム > 不動産 > 【募集終了】日本橋・馬喰町、多様性あふれるクリエイターの「るつぼ」に飛び込もう!

2016.02.09 (Tue)

【募集終了】日本橋・馬喰町、多様性あふれるクリエイターの「るつぼ」に飛び込もう!

大型開発の隙間で空洞化が進んでいた日本橋、馬喰町周辺。2003年から7年間続いたアート・デザイン・建築の複合フェスティバル「CENTRAL EAST TOKYO(セントラルイースト東京、CET)」で、古い雑居ビルに活力が吹き込まれ、アートギャラリーや若き実業家のスタジオが増えてきました。新旧の文化が融合するクリエイティブな魅力に満ちています。

そんなCETの中心地で、2011年にスタートしたシェアスタジオが『Creative Hub 131』です。さまざまな分野で活躍するアーティストやデザイナー、編集者、建築家、コンサルタントが集まるスタジオで、いま新しい入居者を募集しています。

アーティストが自らのセンスで改修・運営

このビルを手がけたのは、アーティストの新野圭二郎さん。「クリエイターには、多様性と自由度の高い場所が必要」と、ジャンルの異なるクリエイター仲間と一緒に、半年かけて一棟丸ごと手作り改装しました。

アーティスト新野圭二郎さん

「Creative Hub 131」をプロデュースする、アーティストの新野圭二郎さん

1階にはギャラリー、2階〜6階はシェアスタジオ。3階には、まちに開かれた共同食堂『社員食堂Lab.』(関連記事)があって、毎週のようにイベントやワークショップが開催されています。そこに集まる人は、学生、OL、会社員、クリエイター、地元の旦那衆、美術関係者……と、世代も職種も人種もさまざま。上階に拠点を構えるクリエイターとの交流もあり、新しいアイディアやプロジェクトを生み出す、ゆるやかで豊かなコミュニティが生まれています。

人の集積から生まれる新しい可能性

今回、入居者を募集しているのは、新野さんが拠点としていた地下1階のスタジオと、5階のシェアスペース。地下へは1階からハシゴでアクセスします。ギャラリースペースの片隅から降りていくと、天井高のある約50平米の広々としたスーペースが広がります。

CH131:BF

広々とした地下の空間。1フロア分、面積は49.42平米

平面図

地下1階と5階の平面図。小荷物専用のリフトがありますが、人間は階段を使います

ヨーロッパでの生活経験があり、アーティストとして活躍する新野さんは、「帰国後、この東京で、いかに多様性のある空間を作るかがテーマでした」と振り返ります。

ビルにはエレベーターがないため、上階にアクセスするためには、階段で各階を通らなくてはいけない構造です。不便さはあるけれど、各フロアに拠点を構えるクリエイター同士の交流が自然と生まれる利点もあります。

もともとは「地域密着型にするつもりはなかった」という新野さん。オープン直前に東日本大震災が発生したことを受けて、「地域」や「コミュニティ」の必要性と向き合わざるを得なかったと言います。

「近代以前はひとつだった事が、分業化、細分化が進んで、それぞれの分野が行きづまったのが20世紀だったと思うんです。ここでは多様性と自由のある空間を作ったことで、ジャンルの異なる人たちが出会い、新しい仕事やコミュニティが日々生まれています」

プロフェッショナルが刺激しあう環境

こうした実験的な試みが成功したのも、日本橋という立地が大きかったのだと、新野さん。「日本橋は日本の商業と文化の中心地だった歴史があるので、もともとトレランス(寛容性)の高い土地柄。だからこれだけ多様な人間が集まって新しいことをはじめても、受け入れられたのだと思います」と説明します。

CH131:外観

建物のエントランス。1階のガラス張りの入り口から、手づくり改装したコンクリート打ちっぱなしの内装とアート作品が覗き、オフィス街の雰囲気を和らげています

CH131:社員食堂Lab.

3階の「社員食堂Lab.」。さまざまな人が集うフード・コミュニケーションスペースです

各フロアにはまったく違う職種のクリエイターや起業家が入居。デザイン事務所「ベクトカルチャー」や戦略コンサルティングサービスの「シュハリ」、日本各地の芸術活動を記録する「Art Autonomy Network」などアート・クリエイティブ関連の幅広いプロフェッションが集結しています。同じく新野さんがプロデュースを手掛ける隣りのビル「PUBLICUS」にも、さまざまな専門分野を持つ入居者が集います。

「自分の領域を広げたいと思っている方、パブリックマインドがあって、多様性に寄与できる、おもしろい活動をしたい方を是非お待ちしています」(新野さん)

この記事を書いた人/提供メディア

MaGaRi 編集部

街のユニークなスキマ空間を“MaGaRi”(間借り)できるサービスです。
空いているのに上手く使われていない。その状態を非常に「もったいない」と思います。活動したいのに、場所を持てない。その機会損失を非常に「もったいない」と私たちは考えます。MaGaRiはその2つの「もったいない」を引き合わせることで、想いのある人たちの活動を具現化するとともに、今まで空いていた場所や時間に新しいムーヴメントを起こすことを目指しています。MaGaRiのサイト

詳細情報

名称Creative Hub 131
住所東京都中央区日本橋大伝馬町13-1
最寄駅・東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」1番出口から徒歩3分
・都営新宿線「馬喰横山駅」A1出口から徒歩4分
・JR総武快速線「馬喰町駅」から徒歩4分
・都営浅草線「東日本橋駅」から徒歩5分
賃料・利用料B1F(49.42平米/14.95坪):月額97,200円(税込)

仲介手数料1カ月
共益費水道料金(週20時間以上滞在の場合):月額315円
水道料金(週の滞在が20時間未満の場合):月額157円
電気料金は個別メーターによる
インターネット利用料:月額1800円程度
礼金-
敷金保証金1カ月、償却1カ月
設備
概要階数:地下1階・地上6階
延べ面積:240平米
その他B1F初期費用:291,600円(保証金1ヶ月 + 仲介手数料1ヶ月 + 初月分利用料1ヶ月)
  • mag_wanted
  • 151220_sooo_banner
  • 151220_reboot_banner