ホーム > ライター

ライター

東東京マガジンのライターは個性豊かなメンバーばかり!
フリーライター、東東京で在勤・在住者、創業100年の下駄屋さんの社長さん、まちづくり会社のメンバーなどなど。このメンバーが発信する東東京の魅力をくらえっ!!

  • 荒川102

    荒川102

    あらかわのいいとこも悪いところも、おもしろおかしく。 みんなで作る、長屋の井戸端、近視眼的 ハイブリッド型ゆる系地域情報ミニマガジン「荒川102」へようこそ! このマガジンは、荒川区の、区民による区民のための区民メディアとして運営されています。 http://arakawa102.publishers.fm/

    荒川102さんが書いた記事

  • 岡島 梓

    岡島 梓

    清澄白河在住のフリーライター。「旅する図書館」という、明日が楽しくなる(はずの)移動式サロンを開き、たくさんの方と頭の中身を交換するのが趣味。

    岡島 梓さんが書いた記事

  • しろ (SYRUS)

    しろ (SYRUS)

    地元下町文化をこよなく愛する、チームSYRUSのしろい方。老若男女みんながみんな細い糸でつながっているような気がする不思議な人の繋がりに魅せられてはや○十年。もう移住できません!!

    しろ (SYRUS)さんが書いた記事

  • Chiho Takita

    Chiho Takita

    空き家&空き店舗活用研究員。普段はマネー誌のライターだが、地域に根ざした暮らしと仕事をしたいと思い、東東京マガジンライターに。浅草~向島界隈を中心に街歩きをしていたところ、空き家&空き店舗を再生して図書館やギャラリー、カフェ、イベントスペースに活用している事例を知り、これらの取材をするように。浅草在住。

    Chiho Takitaさんが書いた記事

  • イッサイガッサイ 東東京モノづくりHUB

    イッサイガッサイ 東東京モノづくりHUB

    Eastside Goodside (イッサイガッサイ) 東東京モノづくりHUBとは「CREATION IN EAST-TOKYO」を合言葉に、モノづくりが盛んな東東京の「ヒト」と「モノ」と「バ」をつなげて創業者をサポートし、東東京をワクワクする地域に変える創業支援ネットワークです。 https://eastside-goodside.tokyo/

    イッサイガッサイ 東東京モノづくりHUBさんが書いた記事

  • Emiko Hida

    Emiko Hida

    ライター。虹を見つけて指さすように、この世界に溢れる素敵なものを紹介したい。拠点は日本橋大伝馬町のシェアオフィスCreative Hub 131の6F。第1・3火曜日に、誰でも参加OKのゆるいごはん会「食堂パルプンテ」開催しています。一緒にごはん、作りましょ。 http://www.cotohogu.com/

    Emiko Hidaさんが書いた記事

  • 萩原 淳二

    萩原 淳二

    錦糸町在住のサラリーマン。二日酔いで無為に過ごす休日に業を煮やしてライター志望。人の生活の重なりと繋がりを感じられる下町が好き。お相撲さんとすれ違うときの鬢付け油の匂いも好き。楽しいモノ・コトを探して放浪していきます。

    萩原 淳二さんが書いた記事

  • 本間 秀明

    本間 秀明

    墨田区・台東区を中心に活動する家庭教師。ライター・(自称)妖怪研究員。「みみずく」という名前で皆さんに親しまれて(?)います。アート、教育、地域情報を軸に、広く文化全般を対象に執筆。まじめに教材作成をする一方、サブカル、アングラ、フェチなどに関連するイベントも取材します。東東京の各所に伝わる妖怪伝承に興味津々で、いつか徹底的に取材したいという野望を抱いています。

    本間 秀明さんが書いた記事

  • 東東京マガジン編集部

    東東京マガジン編集部

    まちづくり会社ドラマチックが運営する「東東京マガジン編集部」です。東東京エリアの情報をどんどん発信していきます。

    東東京マガジン編集部さんが書いた記事

  • Hiromi Suzuki

    Hiromi Suzuki

    サラリーマン時々ライター。食べること・料理を作ること・山が大好き。日々、シンプルな暮らしを求めて探求中。素敵な人、素晴らしいモノがたくさんあると出逢いを求めて東東京マガジンへ参画。取材させていただいた人モノの魅力をまっすぐ言葉に込めてお届けしたいと思います。

    Hiromi Suzukiさんが書いた記事

  • JIBUN

    JIBUN

    自分で、文京。うちのまわりのネットワーク/まちの人それぞれが発信者であり、まちの構成員としての意識を育むことをめざし、まちのおもしろいヒト、モノ、コトの間をとりもつ地域メディア。「まちの情報基地」をめざしています。 http://jibunmedia.org/

    JIBUNさんが書いた記事

  • Kumiko

    Kumiko

    独自性研究員。 独自のアイデアで、”考える”機会を与えてくれるものに惹かれます。 また、時間の動きに興味があり、今流行っているものよりも、その先: 時間を先に引っぱっている事や人、または、それ以前: 時間が刻まれた物をいつも探しています。東東京にはこれらの要素がいっぱいで飽きることがありません。

    Kumikoさんが書いた記事

  • MaGaRi 編集部

    MaGaRi 編集部

    街のユニークなスキマ空間を“MaGaRi”(間借り)できるサービスです。 空いているのに上手く使われていない。その状態を非常に「もったいない」と思います。活動したいのに、場所を持てない。その機会損失を非常に「もったいない」と私たちは考えます。MaGaRiはその2つの「もったいない」を引き合わせることで、想いのある人たちの活動を具現化するとともに、今まで空いていた場所や時間に新しいムーヴメントを起こすことを目指しています。MaGaRiのサイト

    MaGaRi 編集部さんが書いた記事

  • フナマキ

    フナマキ

    布団大好きライター。本当は、朝からお友達とお出かけしたり、小洒落たエッグベネディクトを食べたり、早朝の澄み切った空気をスーハーしたいです。東東京に住み始めて1年。いまだに友達がひとりもできません。東東京バンザイ!

    フナマキさんが書いた記事

  • Makiko Seki

    編集者、ライター、ときどきイラストレーター。建築・街歩き好き。現在、蔵前勤務(臨時)。母方の実家は浅草。入場無料だった「花やしき」で一人遊びしたのが幼い頃の思い出。変わりゆく町の中で、古きよき、ささやかな建物と路地裏が生き続けてほしいと切に願う日々です。

    Makiko Sekiさんが書いた記事

  • Mari Imamura
  • Rie Tomita

    Rie Tomita

    Rie Tomita 東東京・プロジェクト 和文化研究員。10数年間、夫の仕事で東京以外の土地を転々としたのち生まれ育った浅草に戻ってきたので、東東京の魅力、残念な部分を冷静に見られるようになった。和装をはじめ、和文化関係のイベントを自身で主催、発信している。和装履物店 あさくさ辻屋本店の代表。

    Rie Tomitaさんが書いた記事

  • Saya Kuroda
  • すみだマガジン

    すみだマガジン

    墨田区に在住するライターやクリエーターが自分たちが住むまちを「もっと楽しく住みやすくしたい」という想いのもと運営する墨田区限定のローカルメディア。墨田区にしかない魅力を一つ一つ丁寧に取材をして紹介しています。 http://sumimaga.com/

    すみだマガジンさんが書いた記事

  • 石井 健夫

    石井 健夫

    学生ライターです。幅広いジャンルの記事を書けるようになりたいのと、自分が蔵前に住んでいるという理由から、東東京マガジンのライターに応募しました。暇なときは東東京のB級グルメを食べ歩いたりしています。

    石井 健夫さんが書いた記事

  • 星野 智昭

    星野 智昭

    コピーライター。群馬県桐生市出身。大学時代を仙台で過ごし、就職で東京へ。その後、福岡の広告制作会社に転職。結婚&独立を機に、渋る嫁を説得して念願だった浅草に転居。「広告」のど真ん中から、「まちづくり」「地方創生」といったキーワード方面へゆるやかに手探りで移行中。

    星野 智昭さんが書いた記事

  • 樋口 トモユキ

    樋口 トモユキ

    まちづくり会社ドラマチック・ディレクター。愛知県名古屋市で生まれ育ち、東京・東中野現住。大都会東京を横断して、東側と西側を行き来しております。人々が集まり営む都市というものに対する飽くなき好奇心を胸に、日々是精進。

    樋口 トモユキさんが書いた記事

  • 鈴木沓子

    鈴木沓子

    主にアート、メディア、都市、公共性をテーマに、編集・執筆・翻訳をして生きています。共訳書に『海賊のジレンマ』(フィルムアート社)、『BANKSY YOU ARE AN ACCEPTABLE LEVEL OF THREAT【日本語版】』(パルコ出版)、『BANKSY’S BRISTOL Home Sweet Home』(作品社)など。

    鈴木沓子さんが書いた記事

  • Yamami Inoue
  • ヨーコ

    ヨーコ

    フリーのデザイナー。時々ライター。 重機とお酒と廃墟と猫と猛禽類と深海魚が好き。 浅草在住。

    ヨーコさんが書いた記事

  • Yui Sato

    Yui Sato

    東東京のニュースタイルカルチャー研究員。下町の伝統と今風の文化をミックスした作品・商品や、それらを作り出す人々に強く惹かれます。 初めての1人暮らしの地・森下に住み始めて4年。東東京は、深く関わるほど味わい深く、愛着を感じるエリアだと実感する日々を送っています。ふだん書いているのは、ミニシアター系映画の紹介など。夢は、ミニシアターのない東東京で、定期的に映画の上映会を開催すること!

    Yui Satoさんが書いた記事

  • Yuka Niimi

    Yuka Niimi

    フリーランスのライター、時々編集者。2008年の夏に、浅草3代目へ嫁ぎました。日課はヨガとランニング。好きなものは寺社仏閣と和菓子。浅草から自転車圏内で楽しめる情報を発信できればと思っています。

    Yuka Niimiさんが書いた記事

  • 影山 裕樹

    影山 裕樹

    1982年、東京生まれ。雑誌編集部、出版社勤務後フリーに。アート、カルチャー書の企画・編集のほか、各地の芸術祭や地域プロジェクトに編集者やディレクターとして関わる。著書に、全国の大人版秘密基地を取材した『大人が作る秘密基地』(DU BOOKS)、全国のローカルメディアを取材した『ローカルメディアのつくりかた』(学芸出版社)がある。

    影山 裕樹さんが書いた記事

  • 新井 優佑

    新井 優佑

    インタビュアー/ノンフィクションライター。WEBマガジンやオウンドメディアの運用、寄稿をしています。出版社でスポーツ雑誌編集とモバイルサイト運用を担当したのち、独立しました。2014年は、手仕事からデジタルファブリケーションまで、ものづくりの記事を多く作成しました。1983年東京生まれ。

    新井 優佑さんが書いた記事

  • 本多 祐介

    本多 祐介

    ローカルシティー研究員。地方都市のこれからの姿に興味津々。東東京も地方都市のひとつととらえると、今まで見えなかったものが浮かび上がってくると思います。古と新しさが同居するこのエリアに深く関わって魅力を伝えていきたいです。モノ好き、山好き、ビール好き。

    本多 祐介さんが書いた記事

  • 吉田 遊介

    吉田 遊介

    編集者。元書店員。大学在学時から「まちづくり」「地域政治」に関心を持ち、各種行政委員会委員・まちづくり活動などを行う。ミニコミ誌のライターとしてNPOなどを取材し、公共性・市民の地域参加の重要性を学ぶ。

    吉田 遊介さんが書いた記事

週間ランキング

  • mag_wanted
  • 151220_sooo_banner
  • 151220_reboot_banner