ホーム > コラム > 常識を疑って生まれた雨の日グッズ@蔵前<雨が待ち遠しくなる傘 Vol.1>

2015.06.03 (Wed)

常識を疑って生まれた雨の日グッズ@蔵前<雨が待ち遠しくなる傘 Vol.1>

そろそろ梅雨の気配を感じる頃。しとしと降り続ける雨に、どうしても気分も湿りがちです。6月の「今月のおすすめ」では、「雨が待ち遠しくなる傘」と題して、梅雨の時期をポジティブに乗り切るアイデアをご紹介します。

暮らしに、小さなイノベーション

モノづくりの新たな発信地として、ここ数年の東東京エリアの盛り上がりを彩ってきたお店のひとつが、蔵前にあるKONCENT(コンセント)です。

koncent2

同店をプロデュースするh concept(アッシュコンセプト)は、その土地の文化や作り手と密につながりながら、製品に込められた物語まで大切に考えたモノづくりを行っています。すべての製品に共通するこだわりは、単にデザインが良いだけではなく、使う人の暮らしを少し楽しく、豊かにしてくれること。ほぼ一カ月毎にレイアウトが変わるという店内には、つねに新しい発見や驚きがあふれ、いつ訪れてもワクワクした気持ちにしてくれます。

 

雨の日に、人を思う傘

アッシュコンセプトのオリジナルブランドである<+d>からは、さまざまなデザイナーのアイデアから生まれた製品が発売されています。構想から数十年、デザイナー梶本博司氏の「傘はもっと使いやすくなるはず!」という 熱意と執念によって生み出されたのが、これまでの常識を覆す<UnBRELLA(アンブレラ)>。

unbrella

アンブレラ 9,720円(税込)全6色

閉じた時に、濡れた面が内側になり、満員電車でも周りの人の服や荷物を濡らしません。梶本氏は、このアイデアを形にするために、数え切れないほどの改良を重ね、製品化に漕ぎつけたそうです。閉じた状態で逆さまにすると自立してくれるのもポイントのひとつ、ちょっと置きたい時にも便利です。一般的な傘とは開き方がまったく違うので、最初はちょっと不思議な感覚です。人にやさしい思いやりがある傘に、ぜひ店頭で触れてみてください。

 

これが傘立ての最終形!?

晴れた日の傘立ての置き場所に困ったことはありませんか?そのままエントランスに置きっぱなしにしておいても、ちょっと邪魔…。「もっと小さな傘立てが欲しい」というニーズに応えて生まれたのが、数々のデザイン賞を受賞している<SPLASH(スプラッシュ)>です。

splash1

スプラッシュ 4,320円(税込)全6色 /  スプラッシュ ミニ 3,780円(税込)全7色

使い方は至ってシンプル、傘の先をポンと突き立てるだけです。とてもコンパクトなデザインなので、雨の日以外はオブジェのようにエントランスを彩ってくれます。同シリーズとして、オフィスなどのシックな環境にも自然になじみ、折りたたみの傘まで立てられる<SPLASH SQUARE>も登場。旧来からの傘立ての概念を大きく変える、実用性とデザイン性を兼ね備えた傘立てです。

splash2

スプラッシュ スクウェア 5,400円(税込)全5色

雨の日は、どうしても沈んだ気分になりがち。KONCENTが提案する雨グッズは、そんな雨の日さえも楽しく演出してくれます。初めて買う人は、きっと次の雨が待ち遠しくなるはずですよ。

6月おすすめ:雨が待ち遠しくなる傘

詳細情報

名称KONCENT Kuramae
住所東京都台東区蔵前2-4-5 1F
URL

http://koncent.net/

その他

この記事を書いた人/提供メディア

星野 智昭

コピーライター。群馬県桐生市出身。大学時代を仙台で過ごし、就職で東京へ。その後、福岡の広告制作会社に転職。結婚&独立を機に、渋る嫁を説得して念願だった浅草に転居。「広告」のど真ん中から、「まちづくり」「地方創生」といったキーワード方面へゆるやかに手探りで移行中。

週間ランキング

Sorry. No data so far.

  • mag_wanted
  • 151220_sooo_banner
  • 151220_reboot_banner